中学受験を志す小学5年生の社会のおすすめ勉強法&無料プリントサイト

中学受験を志すにあたり、多くの人は塾に通います。しかし、誰もが塾に通えば成績が上がるわけでもないですし、第一志望に合格できるわけでもありません。塾の授業をしっかり聞いて、さらに問題を解いて少しずつできることを増やしていくことが必要です。受験に合格するためには、塾の授業だけでなく、それ以外の部分での勉強も大切になってきます。

そこで考えたいのがどのような勉強をすればよいかということです。人によって得意不得意はありますし、知識の身につけ方も異なります。そこで、塾の授業をベースにしながらも、自分に合った勉強方法を考えることが大切です。逆に言えば、自分に合った勉強方法を見つけられた人こそ、早く成績の向上が期待できますし、第一志望にもぐっと近づきます。

少しでも自分に合った勉強方法を見つけるためにも、小学校5年生におすすめしたい社会の勉強方法を紹介します。ぜひ参考にして、成績が上がる仕組みづくりをしていきましょう。

小学校5年生での家庭学習の取り組み方

小学校5年生が家庭学習をする際にはどういった取り組みをすればよいのでしょう。気を付けるべき点を紹介していきます。

宿題に取り組みやすい環境づくりをする

初めから子どもたちがすべて自分でこなすことができれば理想的です。しかし実際にはなかなかうまくいきません。学校の授業から帰って遅くまで塾に通って、というスケジュールをこなすだけで精一杯になりがちです。宿題をしたいという気持ちがあっても追い付かないということもよくあります。そこで、少しでも子どもが塾のスケジュールをうまくこなせるよう、保護者も配慮するようにしましょう。宿題に付き合うようにしたり、家族の予定を子ども中心にしたり、という工夫をすることで、子どもたちも取り組みやすくなります。

宿題の〇つけなど手伝いをする

小学校5年生の社会の授業になると、習っていない漢字も多く出てきます。宿題も多くなってくると〇つけでミスをしたり、気付かないうちに間違えた漢字で覚えてしまっていたり、ということもあるものです。そこで、ある程度正しく〇つけができるようになるまでは、保護者のチェックを入れるようにしましょう。漢字が正しく〇つけできているか、間違えて覚えていないか、そもそも〇つけが正しくできているか、ということを確認していきます。

特に漢字や名称の覚え間違えは、間違えた状態で覚えてしまうと修正するのが大変です。宿題を解いたら極力すぐにチェックすることができるよう配慮しましょう。子どもたちが間違えて覚えている、できていない、という場面でも、極力優しく注意することを心がけましょう。覚えていなかった部分を覚えたり、漢字を間違えたものを修正したりする作業が宿題です。あまり叱られてばかりだと子どもたちも保護者と一緒に勉強したがらなくなったり、宿題を隠したりといった悪循環に陥る原因となります。

小学5年生におすすめしたい社会の勉強ルーティン

小学5年生から塾に通い始めるという子もいます。まずは、毎週の勉強スタイルを確立するためにも、毎週のルーティンを組みましょう。どのようなルーティンを組んで勉強するとよいかを紹介しますので是非参考にしてみてください。

授業当日までに少し予習をする

一般的には授業の予習より復習をメインにするべきとされています。しかし、事前にどんな単語が出てくるのか、どういう漢字が出てくるのかだけは確認しておくことがおすすめです。完璧に内容を把握する必要はありません。そのような作業をしていたら授業を受ける必要はなくなります。

ただ、知らない単語ばかりの状態で授業を受けると、せっかく一生懸命話を聞いていても内容がなかなか理解できません。そこで少しでも理解をしやすくするために、出てくる単語を先に確認しておくのです。一度教科書全体を読み、どんなことを勉強するのかということだけ確認しておきましょう。余裕があったら、授業内容に関連する内容を復習しておくとより効果的です。具体的には、東北地方の授業を受けるなら、その前に東北地方の都道府県や山地、山脈などの情報を確認するといったことをしておくようにします。

授業後、当日から翌日にかけて

授業が終わったらその日のうちに復習する習慣を身につけましょう。その日習ったものをその日のうちに復習することで定着度は高まります。授業のノートを見直したり、プリントを見直したりしながら、出てきた漢字も正しく書けるように練習することができると理想的です。

だいたいこれらの作業をするのに30分から1時間ほどかかります。塾に通い始めて間もないうちは、体力もなく、夜遅い時間に塾から帰ってくるとなかなか復習する余裕がありません。無理に起きて頑張ろうとしても、体調を崩す原因です。そこで、もしも疲れて復習する余裕がなさそうな場合には、次の日までに終わらせることを心がけます。翌朝起きて学校に行く前に復習をしたり、学校から帰ってきたら最初に復習をしたり、自分の生活スタイルに合った時間でいいので復習時間を確保するようにしましょう。1か月続ければ塾の翌日までにしっかり復習する習慣が身に付きます。

週末から次の授業前日まで

多くの場合、土日の時間のある所で塾の宿題に取り組みます。社会の授業は週に1度なので、土日に宿題をすれば次の授業に間に合うでしょう。土日までに一度復習の時間を取っておけば、すぐに問題に取り掛かれますし、内容も多くが頭に残っており、宿題にもさほど時間がかからないです。余裕があれば宿題を解いた後に、少し難しめの問題にも取り組んだり、ノートやプリントの整理までするようにしましょう。

宿題が終わったら次の授業日まで何もしなくていいわけではありません。できれば、次の授業の前にもう一度復習の時間を設けるようにします。多くの塾では、次の授業の冒頭で前週の確認テストが行われるので、授業前日までに復習をして最後の仕上げをするのです。穴埋めや一問一答式になっている基本問題を解き直したり、教科書で太字になっている単語の漢字を練習したり、といった作業までしておくと知識も定着しますし、確認テストで満点が期待できます。

家庭学習におすすめの無料プリントサイト

中学受験の勉強は、塾の教材だけで完璧に仕上げることが難しいです。どうしても苦手な分野や理解が難しい分野というのはあるものであり、個人差もあります。そこで弱点を克服するためには、塾以外の教材を活用することも必要です。何か別の教材を使いたい、というときに役立つ無料のプリントサイトを紹介しますので、ぜひ役立ててみてください。

中学受験教材の制作室

中学受験教材の制作室(https://xn--fiqx1l37ge5k4ncxx0j.net/page-495/)では、社会の一問一答の問題が掲載されています。知識の定着率が悪い、理解度を確認したい、反復練習をしたい、という人におすすめです。プリントの種類も豊富なので、弱点に絞って取り組める点でも活用しやすいでしょう。

無料で使える中学学習プリント

中学学習プリント(https://chugaku.manabihiroba.net/sya)は、地理・歴史・公民の問題プリントが掲載されているサイトです。名前の通り中学生向けの教材ですが、十分中学受験でも活用できます。問題プリントだけでなく、サイトには知識のまとめも掲載されているので、サイトを見てポイントを確認してから問題を解くと効率的です。

吉田塾 要点プリント

茨城県ひたちなか市にある学習塾「吉田塾」が作成しているプリントサイト(http://yoshiyoshiju.com/99_blank.html)です。予習シリーズに準拠したカリキュラムで、各単元の授業内容をわかりやすくまとめられています。テキストと違い、プリントで一単元ごと持ち運びもできるので、テスト前の復習にも便利です。要点のまとめだけでなく、問題も用意されているので、知識の確認をした後に問題を解いて内容が頭に入っているかの確認までできます。

家庭学習の教材で迷ったらスタディアップの教材を

社会の勉強をするにあたり、家庭で塾の教材や宿題にしっかり取り組んでいるのになかなか成果が上がらない、苦手な分野があるので家庭用教材を追加したい、と思う人にお勧めしたいのがスタディアップの教材です。非常に優れた教材が多く、状況にあった教材を見つけることができます。

基礎となる白地図暗記には「白地図ピース」

都道府県や県庁所在地は入試問題でそのまま聞かれることはありません。そのためおろそかにしてしまう人もいますが、社会の知識の土台となるものです。都道府県や県庁所在地、山地、山脈、半島、川、などの白地図の内容は必ず頭に入れておきましょう。

これらの知識が完全に入り切れていない、不安がある、覚えるのが苦手、という人におすすめしたいのが白地図ピースです。大きな白地図に、各パーツを乗せて場所を確認していくことができます。一人で場所を探して置きながら暗記をしてもいいですし、家族でゲーム感覚で楽しむこともできます。

都道府県のパズルは様々なものがありますが、山地や山脈、半島などのパズルというのは珍しいです。遊び感覚で楽しみながら覚えることができるので、勉強の合間のリフレッシュとして活用することもできます。遊びといいつつも勉強につながることなので、保護者も優しい気持ちで見守ることができます。

知識の理解には「コンプリートマスター」

小学校5年生のうちは、授業を受けただけでは理解できないことも多いです。また、家庭学習をしようと思っても、参考書を読んだはずが頭に入っていないということも少なくありません。そこで活用したいのがCD教材です。CDであれば、時間のある時に何度も聞き返して復習もできます。授業のように聞きながら勉強することができるので集中しやすいですし、理解もしやすいです。

もちろん、ただ授業内容をCDで聞くだけでなく、授業の内容をまとめたテキストも用意されています。要点がかなり簡潔にまとめられており、内容もとても分かりやすいです。基礎を徹底するのはもちろんですが、中上位の学校を受験するのに必要な知識まで身につけられます。授業内容の復習から基礎固め、応用問題までの実力が1冊で身につけられる教材です。

空き時間の活用に「フラッシュカード」

中学受験の勉強を始めると、すき間時間の活用が大切になってきます。塾のお迎え待ちの時間、授業の休憩時間、家でお風呂が沸くのを待ったり、食事ができるのを待ったり、といったように、毎日の生活の中で意外とすき間時間はあるものです。その時間にぼーっとするのではなく、有効活用できるかどうかが成績向上のカギとなります。

空き時間にわざわざ教材を持ってきて準備して、といったことをしていたら勉強ははかどりません。そこですき間時間にすぐに取り出せて活用できるフラッシュカードを持っておくのをおすすめします。自分で作る手間がかからず、なおかつ入試問題から厳選した良問が豊富に掲載されています。普段の授業の復習はもちろんのこと、テスト当日に開始前までの時間に見返す教材としても活用できるでしょう。

まとめ

今回は中学受験の勉強でも大事な時期となる、小学校5年生の社会の勉強の取り組みについて紹介をしました。5年生の最初のうちは、宿題もすべて子どもに任せるのではなく、ある程度は保護者の関与も必要です。宿題ができるかの声掛けをしたり、〇つけが正しくできているかなど、チェックをしてあげるようにしましょう。また、毎週の授業が終わってからどのように過ごすのか、ルーティンを身につけることも大切です。しっかりとリズムがつけられれば学習習慣も身に付きますし、成績も上がります。

子どもによって得意不得意ものあるので、塾の教材でカバーできない部分はほかの教材を活用することも検討しましょう。無料で活用できる教材も紹介しましたが、うまく活用できないという場合にはスタディアップの教材を利用してみることをおすすめします。授業内容の苦手や理解できなかった部分を埋めることができるのはもちろんですが、知識を固めて得意科目に仕上げるためにも効果的な教材です。教材のタイプも様々なものがあるので、そのときの状況や使いたい場面に応じてぴったりな教材が見つけられます。