【中学受験 社会】地理を成績アップ!おすすめ勉強法

中学受験の社会は覚えることも多く、苦手と思う子も多いです。特に地理は社会の中でも最初に取り組みます。今までの国語や算数の勉強とは異なる部分もあり、勉強方法に戸惑う子も少なくありません。最初のうちに苦手意識が芽生えてしまうと、そこから得意にしていくことは難しくなります。

中学受験の場合、4教科受験が主流となっているため、社会の勉強を外すことができません。また、関西の一部の中学や、2教科受験などで社会の勉強をせずに中学受験をしたとしても、中学に入ってから社会の勉強が必要になります。そこで、小学校4年生の受験勉強スタートの段階から適切な勉強方法で社会の学習を進めることが大切です。

今回は、中学受験の社会の勉強の中でも、基礎となる地理の勉強方法を紹介します。最初からルールを理解して一人で宿題をこなすことは難しいので、保護者のかかわりが欠かせません。

子どもたちにどのような声をかけるのか、どのようなところに留意していけばいいのかといったポイントを理解したうえで子どもたちに接することを意識してみましょう。はじめのうちは親子で苦労することもありますが、マスターすれば格段に勉強がスムーズにこなせるようになります。

中学受験の地理の学習は難しいことを理解しておく

一般的に中学受験では、小学校年生から塾に通い始めます。受験までの3年間のうち、社会の授業にかける時間は約半分となる1年半もの期間取り組むのが地理です。地理の授業にこれだけの時間を割くのは、地理の学習が難しいからです。その理由を理解することで、子どもたちの地理への取り組み方を考えていくことができます。

内容が難しい

地理と歴史で授業の時間が大幅に違うことの理由として、内容が難しいということがあります。歴史は一つのストーリーがあり、なおかつ過去のことなので変わることがありません。それに対して地理は、毎年データも変わりますし、範囲も広く覚えることが膨大です。

ただ知識を覚えるだけでなく、表や図を読み込むことも必要になってきて、知識の活用方法も身につけなければなりません。このように社会の中でも地理は内容的に難しいために習得までに時間がかかるのです。

経験値が低い

小学校では3年生から社会の授業が始まります。しかし、内容的には中学受験の社会とは大きくかけ離れたものです。そのため、知識を覚えて活用する、という社会科の頭の使い方を理解していない状態から、中学受験の勉強を始めることになります。

また、受験勉強をする子の中には4年生から塾通いを始めるという子も多いです。そうなると、4科目の授業を受けて理解して、さらには宿題もこなして、というサイクルをこなすだけで精一杯という状態になりかねません。

このような状態から受験勉強を始めるため、社会の正しい学習方法を理解して、毎週の内容を確実に理解していくことができるようになるのも一苦労です。そこで塾が始まるまでに少しでも準備をしておくことが大切といえます。

地理の成績アップのために取り組みたいこと

中学受験で地理の成績を上げるために、どのようなことをしておくとよいのでしょうか。取り組んでおきたいポイントを3つ紹介します。

都道府県はできるだけ早く完璧にしておく

何も知識の土台がないところに暗記をしても身に付きません。特に社会は普段から触れる機会が少なく、なじみがないために理解できないこと、イメージできないことが多くあります。そこで少しでも早く社会の知識を身につけるためにも、基礎となる都道府県は完璧に覚えておきましょう。

地方区分から始め、都道府県、県庁所在地、山地や山脈、川、平野といったように、覚えるものはたくさんあります。小学校4年生の授業が始まったら、少しずつ覚えることになりますが、塾に通いながら覚えるのは並大抵のことではありません。少しでも通塾の負担を軽減するためにも、塾の授業を理解するためにも早めに取り組んでおくことが望ましいです。

また、都道府県の暗記は社会の知識の暗記の方法を学ぶのにとても有効な手段といえます。場所を覚えたり、都道府県の名前を正しく漢字で覚えたり、という作業は簡単なものではありません。しかし、社会の勉強では欠かせないスキルです。はじめは時間がかかりますが、慣れてくれば格段にスムーズに頭に入れられるようになってきます。少しずつ時間をかけて、正しく覚える習慣を早いうちに身につけておきましょう。

日常的に身近なものに結びつける習慣をつける

地理の勉強というのは、意外と普段の生活に密接しているものです。例えば、スーパーに行くと様々な食料品が並んでおり、それぞれに生産地が書かれています。何がどこから来ているのか、ということを確認することで地理で学ぶ特産物の勉強内容が定着しやすいです。

ほかにもテレビで世界遺産の映像を見たり、旅行番組を見たり、街を歩く番組を見たり、という経験も知識を活用するのに役立ちます。社会の授業では、このような知識をつなぎ合わせる作業が行われ、この蓄積で問題が解けるようになっていきます。社会が得意になるためには、この作業が欠かせません。日常的に普段の生活で地理の知識が密接なこと、覚えた知識を活用する場面を増やしていきましょう。

暗記をする際にも、ただ覚えるのではなく出てくる情報をつなげておくことによって記憶に残りやすいですし、得点力を付けることができます。出てきた単語をそのまま覚えるのではなく、その用語がどのような意味があるのか、そしてなぜそのようなことがあるのか、という背景までしっかりと理解する習慣をつけておくことが大切です。

定期的な復習

社会の知識は覚えることがたくさんあり、なおかつ、膨大な量です。そのため、定期的に知識の復習をしておかないとどんどんと抜けていってしまいます。さらに、新たな知識を頭に入れた際には、今までの知識とつなぎ合わせていく作業も必要です。社会が得意になってくれば、授業の復習をしながら自然と過去の内容につなげる作業ができるようになってきます。しかし、はじめのうちは自分ではなかなかできません。そこで、定期的に復習の機会を設けて覚えたことが抜けないようにしていきましょう。

小学校4年生の塾に通い始めた頃には子どもが自分で時間を作って復習をするということはできません。そこで、保護者主導で復習の声掛けをする必要があります。多くの塾では、月に1回程度確認のテストが行われますから、その際に復習の機会を設けるのが効果的です。テスト前に知識の確認をし、テストが終わったら解きなおしをする、この習慣が身につくと社会だけでなくほかの科目にも良い効果が期待できます。

中学受験社会の成績アップのために復習ノートを作るのも効果的

先ほどまでに紹介した3つの勉強方法を確実にこなすために効果的なのが、復習ノートです。どのように作るとわかりやすく復習しやすいのかを紹介していきますので是非参考にしてみてください。

覚えるべき内容がまとめられているものにする

時間があって復習をしたい、と思っても何をすればよいか考えているうちに時間が終わってしまうという経験はないでしょうか。やるものを決めても、今度は必要な道具をそろえるのに時間がかかるということもあります。そこで、復習ノートを作る際には「これを見れば社会の復習は完璧」という状態のものを作ることが大切です。

覚えるべき白地図のような基本情報や、よく出る知識の内容、よく間違える問題など、自分の苦手なものだけを詰め込んだ参考書を作っていきます。ノートにすべてを書き写すのは時間がかかるので、白地図などはコピーを活用しましょう。慣れるまでは保護者が手伝う必要もありますが、慣れてくれば子どもたちが授業の復習のついでにノートを作成できるようになります。

間違えた問題を載せることで問題集の役割も果たす

社会のなかなか覚えられない知識を載せるだけでなく、よく間違える問題も載せておくのがおすすめです。ノートの左側に問題を貼り、右側に答えや解説を書いていきます。答えや解説が書かれることによって、なぜ間違えるのか、という理由や問題を解くときのコツも理解できるようになります。知識のつながりの確認にも効果的です。

はじめのうちはノートに貼るべき問題の取捨選択でも悩んでしまうことがあります。慣れてくるまでは子どもはなんでも貼りがちです。そういったときには保護者が声をかけ、なぜノートに問題を貼るのかを伝えるとともに、貼る問題を一緒に選ぶようにするとよいでしょう。はじめのうちはかなり時間がかかりますが、コツを理解できるようになると全教科で正しい復習ができるようになります。

スタディアップの教材で最短距離で地理の習得を

社会の成績の上がる勉強方法を紹介しましたが、どれも地道でかなり時間がかかります。勉強はコツコツするものですし、時間がかかって当然です。しかし、現実的には4科目の勉強があり、なおかつ学校もあります。土日にも学校行事が入ることもありますし、志望校選びのための学校見学も必要です。このように小学生は意外と忙しく、時間がありません。

そこで、少しでも効率的に勉強するために、社会の勉強方法としてスタディアップの教材を取り入れてみるというのも一つの方法としてあります。先ほど紹介したまとめノートを作る時間がない人、うまく社会のノートを作ることができない人は、まとめノートの役割を果たしてくれる教材を入手したほうが格段に勉強が進めやすいです。では、具体的にどのような教材を用いてどんな学習をすればよいのか紹介します。

白地図の暗記には白地図ピース

白地図ピースは名前の通り、社会の基礎となる白地図を暗記するための教材です。一般的なパズルは都道府県の形をしていて都道府県の位置を覚えることしかできません。しかし、白地図ピースは大きな白地図の上に乗せるピースが都道府県以外にも、山地や山脈、川、平野、半島といったピースが用意されています。そのため、これ一つを購入するだけで、中学受験の地理の基礎知識として必要な情報の暗記をすることができるのです。

一人で覚えるのはもちろんですが、家族でゲーム感覚で楽しむこともできます。付録として都道府県の形を覚えるためのヒントが掲載されている単語カードもあり、こちらも魅力的です。白地図での暗記を助けてくれるのはもちろんですが、合わせて地理の情報整理にも活用できます。白地図ピース本体はなかなか持ち運びができないですが、単語カードは持ち運びやすく、空き時間の活用にも役立ちます。

授業内容の抜けを補うコンプリートマスター

小学校4年生の塾に通い始めの時期というのは、まだまだ集中力もなく、授業の内容がほとんど頭に入らず帰ってきてしまうということも少なくありません。また、小学校5年生から受験勉強を本格的に始めるという子は、小学校4年までの知識が入っていなくて苦労することもあります。そういった子におすすめしたい教材がコンプリートマスターです。CD教材になっているので、授業を受けている感覚で勉強することができます。

教材自体も優秀で、中学受験の地理の内容が5時間23分にまとめられています。塾の授業と違い、自分の余裕のある時に聞くことができますし、何度も聞いて復習するということも可能です。CDの内容をまとめた冊子もあり、参考書として活用することができます。授業内容をさらに確実に覚えることができるのはもちろん、重要なところをまとめた「まとめノート」を作る余裕がない人、うまくノートがまとめられない人にとっては、まとめ教材として活用するのもおすすめです。

さらに点数を伸ばすためのプラチナアウトプット

社会の基礎知識が頭に入り、さらに得意科目にしていきたい、早いうちから地理を完成させたい、というときにはプラチナアウトプットに取り組んでみましょう。この教材は入試問題から選び抜かれた良問で構成されています。単元ごとに入試問題をまとめているので、小学校4年生から実践問題での経験を積むことができます。

社会の知識は身についているはずなのに、模試になると点数が取れないという子は少なくありません。そのような子に足りないのは実践的な経験です。身につけた知識はそのまま問題として出題されません。問題によって質問のされ方も変わります。

どのような形で問題を出されても答えることができるようになるためにも、実践問題での経験は大切です。早いうちから仕上げていきたい、周りと差をつけたい、という人は、ぜひ早いうちから取り掛かってみましょう。

まとめ

今回は社会の中でも地理の成績を上げるためにおすすめの勉強法を紹介しました。社会は暗記科目というイメージが強いですが、実際には知識を暗記するだけでなく、活用する方法を身につけなければなりません。知識を活用することができるようになるためにも、早いうちから都道府県などの基礎知識を完璧にし、日常生活で社会の知識を結び付ける作業をしていくことが欠かせません。身につけたことが抜けないよう、定期的に復習をしたり、まとめノートを作ったりということも効果的です。

なかなか思うように成績が伸びない、おすすめの学習方法に取り組んでみたけれども成果が出ない、取り組み方がわからない、という場合にはスタディアップの教材を活用してみるとよいでしょう。暗記をたのしみながらできる教材や、単元内容を理解しやすいCDやテキストのおかげで、少しずつ社会の知識を身につけることができます。

基礎知識を身につけた後、さらに得意科目に仕上げるための教材もそろっているので、レベルに合わせて少しずつステップアップしていくことが可能です。